腸内環境を悪化させる偏食や欠食には厳重警戒

腸内環境を悪化させる偏食や欠食には厳重警戒

ダイエットを実践する人にとっては食事の
量を極端に減らす方法や断食などが流行
しているようですが、これによって偏食
ストレスが発生して、健康を害する大きな
要因となっているということは事実です。

 

例えば朝起きるのが辛く、出勤ギリギリまで
寝ているという生活をしている人であれば
朝食をカットするということもあるかと
思います。

 

朝はあまりおなかが空いていないというこ
ともあって、意図的に朝食をカットすると
いうこともあるかもしれません。

 

このような朝食をカットするという不規則な
食生活をしていながらダイエットには興味
があるという理由で、玄米ばかり食べる
という食生活を送っていたある人物がいるの
ですが、この人は、次第におなかが張るよう
になってしまったそうです。

 

次第に食欲がなくなっていって、毎日の
ように倦怠感が続くという症状で悩まされる
ようになってしまいました。

 

これは腸の働きを停滞させてしまって、老廃
物が大腸の中で蓄積されていることが原因
です。

 

さらに腸にとってはどんな食事をするかと
いうことのほかに、どのタイミングで食事を
するかということも大きく影響しています。

 

人間は食事をすると胃腸に入り、副交感神経
の働きによって胃や結腸で反射反応がおこり
ます。食物が結腸の下方に移動すると、ぜん動
運動がおこり、便が出るという仕組みになって
います。

 

朝はこの副交感神経が優位になっていて、
このときにしっかりと食事をすることによって
排便を促進させることができます。

 

人によっては一日に数回ぜんどう運動がおこる
のですが、特に朝がもっとも強い時間帯である
といわれていますので、この時間帯に朝ごはん
をカットするというのは非常に致命的です。

 

胃や結腸での反射も起こらず、ぜんどう運動も
起こらずに腸の機能が低下してしまい、結果
として便秘体質になり腸内ガスが溜まったり
腸内環境が悪化してしまいます。

 

ですので腸にとっては、どのような食事を
いつ、どれくらいの量を食べたかということが
非常に重要になります。

 

さらに現代はストレス社会といわれている
ようにストレスによって腸の機能を停滞させる
というリスクも考えられます。

 

特に几帳面な人ほどストレスが溜まりやすく、
仕事で昇進するにつれてプレッシャーを
感じやすくなり、下痢や便秘をくりかえす
という症状でなやむ人がいます。

 

食事やストレス管理というのは腸の健康に
大きく影響するので注意が必要です。