腸内ガス抜き、便秘対策、腸内健康法のコツを解説します。

腸内ガス抜き、便秘対策、腸内健康法のコツを解説します。

腸というのは体全体の健康を大きく左右する
重要な器官です。食事をして食物を消化吸収
して排泄をするという器官であるだけでなく
、リンパ球が集中していることもあり、生命
活動を支える栄養素を吸収して、神経ネット
ワークによって全身に情報を伝達するために
必須の器官です。

 

この重要な器官である腸が、極度のストレスに
さらされており、腸の基本的な運動が低下して
本来の機能を果たせなくなっている人が急増
しています。

 

これは停滞腸とよばれる症状です。腸というのは
健康体であればピンク色をして弾力性がある
のですが、不健康になると黒いシミのようなもの
ができてしまうという特徴があります。

 

このような停滞腸を防止するには食生活を改善
するということが必須です。

 

もちろん食生活を改善するということも大切なの
ですが、間違った生活習慣を避けるということも
大切です。

 

特に朝抜きダイエット、糖質制限ダイエットなどの
不健康な食事、睡眠のカット、運動不足、ストレス
の多い生活というのには注意が必要です。

 

これらは腸ストレスと呼ばれ、腸内環境を悪化させ
る大きな要因となっています。

 

腸内環境を悪化させる要因の一つとして酸化ストレス
というのがあります。

 

特に肉類や脂肪類の多い食事を多く摂取している人
におおく見られる症状です。

 

私達の生命を維持ためには、非常に多くのエネルギー
を必要とします。このエネルギーは細胞で酸素
が燃焼することによって作られます。

 

その時に副産物として生成されるのが活性酸素です。
活性酸素というのは、侵入してきたウイルス等を
殺す白血球やマクロファージに欠かせないもの
で、ホルモン合成にも重要な役割を果たしています。

 

ただ活性酸素が過剰になると、あらゆる臓器を
酸化させて大病を招く要因となりかねません。

 

活性酸素が過剰になってしまう原因としては、
喫煙、化学薬品、排気ガスなどが挙げられます。

 

ちなみにガンの放射線療法というのがあるの
ですが、活性酸素を利用した治療法です。

 

ガン組織に放射線を照射して活性酸素を発生
させることによってがん細胞を攻撃するという
治療法です。

 

ただ正常な細胞まで傷つけるおそれがあるので
これが副作用といわれています。

 

また女性にとっては大敵である紫外線という
のも活性酸素を発生させる要因となっています。

 

これらの酸化ストレスというのは腸内環境を
悪化させてしまうので日々注意をする必要が
あります。