腸内ガス抜きや便秘対策で苦戦する女性が多い理由

腸内ガス抜きや便秘対策で苦戦する女性が多い理由

人体には体温調節機能というのが備わっていて、
これは自律神経にコントロールされています。

 

しかし慢性的な冷え性にかかると自律神経の
コントロールが阻害され、体温調節機能がうまく
機能しなくなります。

 

これが慢性的な停滞腸、便秘、腸内ガスんの発生の
原因となります。

 

特に女性で便秘を訴える人が多いのですが、大半
の人が同時に冷え性でも悩んでいます。彼らは
冷える時期に便秘が酷くなる傾向にあるという
ことです。

 

女性が特に冷えやすく、便秘になりがちである
というのも理由があります。その一つとして
女性は男性に較べて筋肉の量が少ないうえ、
運動不足によって基礎代謝量が少なく、消費
エネルギーが絶対的に少ない傾向にあると
いうことです。

 

中でも慎重が高くて痩せていて、一般的に
理想といわれるスタイルの女性がこの傾向が
強いです。

 

冬場などの寒い時期に人体が冷えてしまうの
を避けるために水分を摂取することを控えたり
外出をすることを控えたりすることによって
運動量が減少し、腸の機能がさらに低下する
ということも考えられます。

 

また女性はホルモンの影響で月経前の黄体
ホルモンが分泌されている時期は、手足
の末端が冷えやすくなっています。

 

この黄体期には腸管の動きが鈍くなって
停滞腸や便秘になりやすくなるのも事実
です。

 

中年以降の女性であれば、冷え性にかかった
場合は、更年期によるホルモンバランスの乱れ
に加えて、加齢による基礎代謝の低下が原因
となることも考えられます。

 

男性も冷え性にかからないというわけでは
ありませんので、仕事での過度なストレス
で、ビールなどの冷たい飲み物を大量に
飲むという行為は危険です。

 

このように低体温ストレスというのは腸内環境
を悪化させるというのは事実なのですが、
さらに免疫力を低下させてしまう原因となって
いることも事実です。

 

免疫力と冷えには密接な関係があり、ウイルス
や雑菌、などから人体を守ってくれる免疫
機能を担っているのがリンパ球です。

 

このリンパ球が正常に機能するためにはある
程度の体温が必要です。実際にリンパ球の数
を計測したところ体温が高い人ほどリンパ
球の数が多い傾向にあるということが判明
しました。

 

ですので腸内ガス抜きや便秘対策も大切なの
ですが、免疫力をアップさせる上でも腸内環境
を改善するためにも、体温をある程度キープする
ように心がけましょう。